2015年1月27日火曜日

白湯の効果と作り方は?真面目に体調を整える習慣を始めたらお通じがよくなって乾燥肌が改善された



モデルの人は白湯を飲んでいるとか、白湯でダイエットが出来るとか、
様々な情報がありますが、実際にどうなの?
って思っている人は多いと思います。
今回は実際に3ヶ月ほど試してみた結果とコツをご紹介します。

白湯が体に良いのは当然ではないだろうか?


まずは結果から報告すると、体に良くて当然という事です。
1日のうちに何を飲みますか?コーヒー、ジュース、お茶。

様々な飲み物がありますが、
ちょっと変な例えかもしれませんが、その飲み物で部屋の拭き掃除しますか?

絶対にしないですよね。匂い、ベタつき、何より気持ち的にいやだ。
それと同じだと思うのです。
口から入り、食道を通って、胃に入る。十二指腸を通り、小腸へ、
そして大腸から直腸へ。

この消化管を通って栄養を吸収し、水分を取り入れ、
必要な物とそうでない物を分ける。
人間の消化管を真っすぐ伸ばすと9メートルぐらいと言われています。

白湯を飲む事によってお湯で綺麗にするというイメージだと思うのです。

飲む時間帯や飲み方にちょっとしたコツがあります。

スポンサードリンク

朝と寝る前に白湯を飲むと効果が高い

朝日が登る

私は研究者ではないので、正確な研究結果みたいな資料は出せないですが、
体験として朝と寝る前に飲むのが最も効果が高い。
最初は飲み物を全て白湯に変えるぐらいで挑戦していたのですが、
やはり飲みたいものを我慢して生活するのは辛い。
何より白湯を飲みすぎると逆に体に悪いそうだ。

目覚めにコップ一杯の水を飲むと良いというのは今や常識ですよね。
それを白湯に変更します。

白湯の本来の作り方は沸騰した状態で15分ぐらい煮詰めるらしいのですが、
私は普通に沸騰したお湯を飲んでいます。

内蔵は温めた方が免疫機能が高まり、代謝が良くなります。

先ほどの日頃飲んでいる物で水拭き出来ますか?
という質問に対して可能なのが水です。当然ですよね。

せっかく綺麗な水を飲んで水分補給するのであれば、
温かい白湯にしてより体にいい飲み方に変更するだけです。

朝と夜に飲むと効果が高いというのは、
消化器官に物が少ないので、体への負担が少ないからです。
特に起きた時は消化も終わり、胃の中も綺麗になっている。

その状態の時に冷たい水ではなく、温かいお湯を飲むので、
内蔵が温まり、お通じの手助けもしてくれる。
寝る前は消化器官の洗浄という感覚です。

白湯の効果が実感出来るようになるまでの期間


直ぐに実感出来る効果としては、
寝る前に白湯を飲むと足先が凄く温かくなってきます。

私の場合は白湯を飲む生活を開始し、
三日目でお通じが良くなりました。
あまり詳しくは書けないのが残念ですが、スポ!って感じで、
凄くビックリしたのを覚えています。え??っていう感じ。

乾燥肌に改善が現れてきたのが2週間ほど経過してから。
正確にはお風呂から上がり、化粧水も何も付けていない状態の肌が変わった。
つまり自分の肌本来の弾力が変わってきたのです。

それまでの生活ではかなり意識をしないと水は飲まず、
朝起きたら直ぐにコーヒーで紅茶やお茶で水分補給という生活でした。

コーヒーのドリップ

冷静に考えれば分かるのですが、紅茶やお茶で水分を補給しようとすれば、
体はろ過する作業を体内で行っていると思うのです。疲れちゃいますよね。
だから水分補給をする時は意識して体に負担が少ない白湯を飲む。

飲む量は大きめのマグカップで、すするようにゆっくり飲む。
たったこれだけなのですが、凄い効果があります。
但し、飲み過ぎると体に必要な栄養素なども
一緒に洗い流してしまうので、注意が必要です。目安として600mlまでと言われています。
何事も体にいいからと言って偏るのは良くないという事ですね。
スポンサードリンク