2015年2月16日月曜日

湿気とカビ対策で私が実践しているお勧めな方法と除湿シートの活用で押入れと布団をカビから守る



私達が住んでいる日本には四季があり、季節ごとに景色が変わっていくので気分も大きく変化します。季節の変わり目は体調を崩したり、気分が落ち込んでしまう場合も多い。

そんな季節の変わり目でもっとも辛いのが梅雨ではないでしょうか?この時期には湿度が一気に上昇し、気づけば窓やサッシにカビが発生。夏用の服を出そうと思ったら押入れの中がかび臭く、服にも匂いが染み付いていた。なんて経験をされた方は多いかと思います。この梅雨の時期にしっかりと湿気対策とカビ対策を行えば後は意外に快適な季節を過ごすことが可能。今回は部屋の湿気とカビの対策方法を徹底的にご紹介します。

スポンサードリンク

湿気とカビの原因を知ってから対策しよう


お風呂場と同じです。シャワーやお湯を使ってお風呂から出る時に壁に付いた水滴を取り除き、換気扇を回せば実はカビの発生を凄く抑える事が可能です。お風呂をピカピカに保つ方法は以前に紹介した福山雅治さんも実践しているお風呂掃除の方法を参考にしてみて下さい。

梅雨の時期は気温が20度以上で湿度が70%を超える日が多くなり、カビが発生する好条件となります。この時に対策をしないと気付かない間に押入れや部屋の角にカビが広がるのはあっという間。ですが、部屋もお風呂と同じように対策をすれば梅雨の時期であっても快適な空間を作る事が可能です。では具体的な方法を見ていきましょう。

窓の水滴取りに挑戦してみる


梅雨の時期はとにかく雨が多く、気温も高い。雨が降った後に窓の水滴を取るだけで窓は綺麗になるし、何と言ってもサッシやゴムパッキン部分のカビを防ぐ事が出来ます。でも何だか面倒な感じ。って思いますよね。

ピカピカに窓を掃除する方法でもご紹介しましたが、窓の水滴を一瞬で取り除く事が出来るワイパーを使えばあっという間です。冬の結露の時期にも使えるし、お風呂の壁にも使えるので便利。そして何より安いのでお勧め。本当は結露を取り除くために作られていますが、雨上がり後の水滴も凄く綺麗に取れます。

コツとしては、力で水滴を拭き取ろうとするのではなく、窓の下から上に滑らせる感じで使うと取り除きもなく、雨水を利用してついでに窓も綺麗にしちゃう事が出来ます。

風通しをして湿気を逃がす


何と言っても部屋で最も難しいのが風通しです。お風呂であれば換気扇を回して窓を開ければ空気を簡単に入れ替える事が出来るのですが、部屋の場合はそう簡単に出来ません。リビングや寝室など部屋が分かれていたり、窓が付いていない部屋があったり。

私が実践している方法は以下です。

① 部屋にある窓を全て開ける
② 換気扇を強でつける
③ クローゼットや押入れ、タンスの引き出しも開ける
④ 風が通らない場所は扇風機を強の首振りモードで

これを15分から30分程度行います。本当は対角線上の窓を開けた方が風は通りやすいと言われていますが、梅雨の時期はそんなレベルではない。部屋に滞っている空気をかき回して外気と入れ替えるイメージで行います。特に部屋の角や押入れの中に空気が入るように。

部屋の角に気づけば埃が積もっている事が多いですが、空気の流れがないからです。湿気は空気よりも重いので、更に停滞しやくすくなってしまいます。次の項で説明しますが、押入れやクローゼットは引き出しも開けて換気する事をお勧めします。

クローゼットの中や押入れのカビ対策


梅雨の時期はクローゼットの扉は開けっ放しにした方がいいのですが、やはり気分的に何だかいやですよね。私は定番のすのこを敷いて更にその上に除湿マットを敷いています。これで開けっ放しにしなくても定期的に換気を行えばクローゼットの中は湿気も少ないし、カビも発生しません。

除湿マットっていうのをご存知ない方も多いかと思いますが、私が利用しているのは備長炭が中に入っているシート状のタイプを利用しています。このマットは使い捨てではなく、洗って干してずっと使えるので最高ですよ。

私はこんな感じで折りたたみのスノコベッドの上にこの除湿シートを敷いて布団の除湿にも活用しています。最初はベッド用にと購入したのですが、押入れにも使えるのでは?と思って追加で購入。値段もそんなに高くないですしね。

除湿シートをすのこベットに敷いた画像

そしてこの商品の優れている点は、シートに湿気が貯まってくると色で教えてくれるシールが端の方に付いています。ブルーだと大丈夫だけど、ピンクになったら天日干しすればOKです。

除湿センサー

ピンクになりかけているので、天日干しがそろそろ必要です(汗)
干せばまたブルーの色に戻るので安心して下さい。
洗濯する時はシールを外してから行って下さいね。

クローゼット、押入れは換気が凄く大切です。最初にも説明しましたが、部屋の換気を行う時に扇風機をクローゼットの前に置き、引き出しも全て開けて強で一気に空気を入れ替える。カビの大きな原因は何と言っても水気を含んだ空気がずっと停滞している事。そして布製品は水分を含みやすく、カビが発生しやすいので定期的に扇風機で一気に換気。

衣服をギュウギュウに詰め込むと風通りも悪く、湿度も上がりやすいので、出来るだけ隙間を作って収納するようにしています。除湿剤を置いたから安心と気を抜いては駄目ですよ。

部屋干しをする時はお風呂場で

シャツを天気がいい日に乾かす

誰だって天気がいい日に洗濯物を干したいと思っていますが、雨が多いのでどうしても部屋干しとなってしまいます。カーテレールやリビングで洗濯物を干していませんか?実は部屋干しをするだけで10%近く湿度がアップします。部屋干しではなく、お風呂で洗濯物を乾かすようにしましょう。浴室乾燥や換気扇を使って行います。天日干しに比べれば乾くのが遅くなるのはしょうがないのですが、部屋干しと時間は対して変わりません。

部屋だと何故駄目なのか?理由は分かりますよね。部屋には布製品が多く、どんどん水けを吸い取ってしまいます。換気を忘れればあっという間にカビが発生。お風呂場だと水分を弾く材質で作られている空間ですし、お風呂の扉を閉めて換気扇を回せば湿気をどんどん外に出す事が可能です。部屋干しをすると目に見えなくても水分があっちこっちに拡散してしまっている状態。

部屋に観葉植物を置いている方は多いかと思いますが、土から水分が出るので梅雨の時期は外で水やりをしてある程度時間が経過してから部屋の中に戻すなどの工夫をしましょう。逆に冬の時期は観葉植物を置くだけで部屋の乾燥を防ぐ事が出来るということですね。
梅雨の時期にカビと湿気対策を行えば自然とご自宅の効率が良い空気の入れ替え方法が見つけられるので、カビ対策って意外と簡単なんだ。って実感出来ますよ。
スポンサードリンク