2015年2月28日土曜日

洗濯機を綺麗に掃除する方法と洗濯をする時に気をつけたいこと



クラブ活動をされているお子さんがいたり、小さなお子さんがいる家庭で大変なのが洗濯。
特に運動場で行うクラブ活動をされている子供が家に帰宅すると、「こんなに汚れる?」ってぐらいにドロドロになったユニフォームをポイって洗濯カゴに入れる。毎日の事なのでとても大変ですが、今回はちょっとした洗濯のコツと肝心な洗濯機の掃除の仕方をご紹介します。

洗濯槽の中は1~2ヶ月に一度掃除をする


今まで一度も洗濯槽の中を掃除された事がない人はいますか?
最近になって多くの方が承知している事実ですが、洗濯槽の中は凄く汚れています。当然と言えば当然なのですが、水あかや更にはカビ、そして服に付着していた汚れなど。半年に1回は掃除するという方が多いかもしれないですが、出来れば1~2ヶ月に一度は綺麗に。面倒って感じるかもしれないですが、最近では洗濯機にポンって入れるだけで綺麗してくれる製品が沢山登場しているので、昔ほど面倒に感じるという事はありません。

スポンサードリンク

過炭酸ナトリウムを使って綺麗にする


過炭酸ナトリウムっていう言葉を始めて聞いた方も多いかと思いますが、簡単に言ってしまえば漂白剤のような物です。洗濯槽以外にも様々な掃除で使う事が出来るので持っておくと何かと便利です。過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽の掃除方法はYouTubeやブログで有名なカズさんが詳しく紹介しているので、動画を載せておきます。


洗濯槽の掃除を始めて見た方はこんなに汚れてるの?ってゾッとしてしまいますが、そうです。実は凄く汚れています。1回に使用する量が多いので、大きめの3キロタイプがお勧めです。

でも過炭酸ナトリウムってちょっと本格的すぎるって思われている方も多いですよね。そういう時は市販の洗濯槽洗いを活用しましょう。コスパは過炭酸ナトリウムの方が良いのは事実。

しゃぼん玉の洗濯槽クリーナーが便利


無添加な洗剤を世の中に多く送り出しているシャボン玉石鹸からも洗濯槽を洗う専用の洗剤が発売されています。シャボン玉石鹸のファンも多いかと思いますが、洗濯槽クリーナーが出ているのをご存知ない方も多いのでは?シャボン玉の公式YouTubeに使い方を紹介した動画があるので、こちらも掲載しておきます。


1回で500グラム全てを使うので、1回洗濯槽を掃除すると400円ぐらいっていう計算ですね。軽量などもしなくていいし、手軽っていう意味ではシャボン玉が簡単で失敗が少ない。まとめ買いだと少し安くなります。

洗濯する時のコツと子供のユニフォームの洗い方


サッカーのユニフォーム

1つ気をつけたい事として、泡がブクブクなっている方が汚れが綺麗に落ちそうな気がするので、量を多めにするのは絶対に駄目です。製品に書かれている通りの量を守らないとすすぎが出来ずに服に洗剤が残ったままに。何より洗剤を多く入れたからと言って汚れがよく落ちるというワケではありません。

子供のユニフォームなどの洗濯は自分で


お子さんの汚れたユニフォームを洗濯するのって凄く面倒です。イチバンお勧めなのが実際に私が母親から言われて継続していた事ですが、自分のユニフォームは自分で洗うです。お風呂に入った時のついでに自分で手洗いで洗う。これがイチバン綺麗になりますし、何よりもお母さんの負担を減らせます。出来れば小学生低学年の頃には自分で洗う事を覚えさせてあげて下さい。中学生になると「は?面倒!」って言い返されてしまうので(笑)

すでに中学生になってしまったお子さんがいて、子供が自分で洗ってくれない場合は、お母さんが洗う事になるのですが、この時もお風呂に入る時についでに手洗いしてしまいましょう。泥汚れはどうせ手洗いしてから洗濯機の中に入れるので、洗濯と考えずに、お風呂に入ったついでと習慣化してしまえばいいのです。

すすぎは絶対に綺麗にな水で


お湯取り機能で昨日のお風呂のお湯を再利用している方は多いかと思いますが、すすぎは絶対に綺麗な水で行うようにして下さい。そんなの常識っていう突っ込みが入りそうですが、世の中にはお湯取りですすぎを行っている人も事実存在するのです。うちの父親です(笑)

友人と旅行に出かけた時に自宅の洗濯を父親に任せていたのですが、帰宅してタオルなどを見るとどうも緑がかっている。何入れたの?どうやって洗ったの?って聞いても父親は普通に洗剤入れてとしか言わないので原因が分からなかったが、次の日に洗濯機を使ってみて始めて分かりました。すすぎもお湯取りになっていて、父親が入浴する時に入浴剤を入れていたから。

主婦をされている方なら誰もが知っている情報だったかもしれないですが、一人暮らしを始める学生や、今回の私の父親のように奥さんが旅行に出かけて家事をする必要が出てきた人に役立てばいいなって思います。最後に、すすぎが終わったら直ぐに干して下さいね。洗濯を上手にするコツは菌を増やさず、汚れを綺麗に落とすことです。洗剤を使って洗う事よりもススギに注意するようにしましょう。
スポンサードリンク