2015年12月17日木曜日

セブンプレミアムの惣菜だけで3日間の献立メニューを作ったら美味しくて以外にも経済的という結果に


セブンプレミアムで作る献立

そろそろ限界が見えて来ているように思えたコンビニ業界ですが、スイーツやプライベート商品の充実によって更なる拡大となり、今や生活に欠かせない存在に。コンビニコーヒーが出勤前の日課となっている方も多いかと思います。コンビニの中でもトップを走るセブンイレブン。店内の中にはプライベート商品が多く並び、何と言ってもその完成度が凄く高く、ネットでも話題に。

私が始めてセブンのPB商品を食べたのは実は最近。ネットでセブンの大学芋が美味しいと話題になっており、気になりすぎて購入。もう衝撃でした。大学芋に目を付けたセブンも凄いし、手の出しやすい149円という価格設定も凄い。

金のハンバーグも食べた事があるが、確かに美味しかった。そこでふと湧き出た疑問。

「もしかしてセブンプレミアムってどれでも美味しいのか?」こんな疑問と、出来るだけ多くのセブンプレミアム商品、主に惣菜を食べてみたいと思ったので、3日間の昼と夜を全てセブンプレミアムの惣菜で作ってみる事を決意。実際にセブンの惣菜のみでどれぐらいの献立を作る事が出来るのか、そして味をどうなのかレポートします。

スポンサードリンク

セブンプレミアムで作る献立はメインと惣菜で


定食屋のような献立をセブンプレミアムの惣菜で作るコツは、メインのおかずと、サラダ、一品というように、最初にメインを考えて手に取ります。今回のように3日分であれば、最初に3日分のメインをカゴの中に入れ、そのあとで一品を追加していく。そうすると上手く献立を作る事が可能。

では実際に私が購入した商品で作った献立をご紹介していきます。

3日分の惣菜を購入した合計金額は税込み2476円

今回購入した惣菜(冷凍も含む)の値段と種類は以下のような感じに。

  • 焼き餃子2つ 216円
  • 焼きおにぎり 170円
  • 沖縄県産もずく 159円
  • 焼きなす 127円
  • デミグラスハンバーグ 128円
  • チーズ入りハンバーグ 128円
  • ゴボウサラダ 121円
  • さばの味噌煮 218円
  • あじの南蛮漬 213円
  • 豚ロース生姜焼き 288円
  • 7種の具材 筑前煮 204円
  • 牛肉の肉じゃが 246円
  • 牛すじ煮 258円

消費税が183円で合計が2476円となりました。ちなみに今回は白ご飯は家で炊き、ポテトサラダの作りおきを何度か使用しています。味噌汁は激安ドラッグストアのコスモスで購入した無添加で個人的に気に入っている物を使用。1食19円ぐらいで、凄く自然な味なのでオススメ。

1日目の夕食メニュー


1日目はお昼に用事が出来、帰り道でコロッケを買ってしまったので、セブンプレミアムは夕食のみとなります。使用した惣菜は、焼き餃子、牛すじ煮、あじの南蛮漬、もずくという和食が多めな感じとなっています。(税抜き)632円

焼き餃子、牛すじ煮、あじの南蛮漬、もずく

食器に盛り付けをし、ご飯と味噌汁をプラスすると如何でしょうか?見栄えがようなり買ってきた惣菜って分かりにくい感じではないですか?実際に食べてみて驚いたのが、本当に家で作ったような味です。厳しく評価すると、家よりほんの少しだけ味が濃いかな?という程度。自炊したおかずの中に一品セブンプレミアムを並べ、まだセブンプレミアムを食べた事がない人に食べ比べをしてもらうと解らないぐらいの完成度。本当に凄いです。

1日目の夕食を盛り付け

二日目の昼と夕食メニュー


二日目のお昼は鯖の味噌煮のみを使用(税抜き)218円

鯖の味噌煮

納豆にネギをたっぷり入れて卵。そして定番の味噌汁。そして作りおきしておいたポテトサラダの登場です。十分すぎる昼食の完成。鯖の味噌煮は骨も取り除かれていてお年寄りの方でも安心。身も凄く柔らかく、味付けも丁度いい。余った味噌をご飯にのせて食べればもう最高です。

二日目の昼盛り付け

夜はチーズ入りハンバーグ、デミグラスハンバーグ、肉じゃが、もずくを使用(税抜き)555円

肉じゃが、チーズハンバーグ、デミグラスハンバーグ

ハンバーグは今回購入した惣菜の中で最も普通でした。いかにも冷凍などで売っている味で、これは自炊の食事に紛れさせても誰もが言い当てるレベル。セブンゴールドのハンバーグがあるので当然なのかもしれないですね。しかし、肉じゃがは正直自分で作るより美味しい。ちょっと甘口ですが、家庭の味という感じで全く違和感がありません。

二日目の夜盛り付け

三日目の昼と夕食メニュー


焼きおにぎり、焼き餃子、7種の具材の筑前煮、もずくを使用(税抜き)482円

焼きおにぎり、焼き餃子、七種の筑前煮

焼きおにぎりは自宅で作ると少し面倒ですが、セブンのはレンジで一瞬にして完成。そして何と言っても筑前煮の完成度の高さ。ハッキリ言って今回購入した惣菜の中でトップです。連コンなどのシャキシャキ感と、芋や人参の柔らかさ。セブンプレミアムで何を購入しようか迷っている方はまず筑前煮で完成度の高さを確認してみて下さい。他の店でこの安さでは絶対に買えない味になっている。驚いた。

三日目の昼盛り付け

夕食は焼きナス、ゴボウサラダ、豚ロースの生姜焼き、もずく(税抜き)589円

焼きナス、豚ロース生姜焼き、ゴボウサラダ

まず注目して頂きたいのが焼きなす。凄い可愛い!!サイズ感がいまいち伝わらないかもですが、少し小さな手の人のサイズで、ヘタ部分は皮が残っていて本当に可愛い。原材料も添加物など何も含まれてなく、原材料 なす となっているだけ。127円で2つですから一人暮らしだとピッタリ。自分で作ると焼きナスって皮を取るのが面倒ですよね。ゴボウサラダと生姜焼きはちょっと買ってきた惣菜感が強いですが、十分に美味しい。

三日目の夜盛り付け

セブンプレミアムの惣菜は一人暮らしや自炊と組み合わせにお勧め


3日間のメニューを見て分かるかと思いますが、味噌汁とご飯をプラスすれば十分に夕食にも対応可能です。一人暮らしであれば全く問題ないですが、お子さんがいる家族で一人550円の費用となれば一ヶ月の食費は大変です。ですので、メインは自炊し、何かもう一品ほしいけど作るのが面倒って時にはもう最高。特に餃子をちょっとだけ食べたいとか、ご飯が終わった後の晩酌のつまみに。5個で108円ですし、何と言ってもフライパンで焼かず電子レンジで1分半。個人的な意見としては冷凍餃子で他に美味しいのはありますが、フライパンで焼かなくてこの美味しさはセブンプレミアムだけかと思います。最後に今回食べたセブンプレミアムの惣菜お勧めランキングを発表します。

  1. 七種の具材の筑前煮 204円
  2. 牛肉の肉じゃが 246円
  3. 牛すじ煮 258円
  4. 焼きナス 127円
  5. あじの南蛮漬 213円
  6. さばの味噌煮 218円
  7. 焼き餃子 108円
  8. ゴボウサラダ 121円
  9. 焼きおにぎり 170円
  10. 沖縄県産もずく 159円
  11. デミグラスハンバーグ 128円
  12. チーズ入りハンバーグ 128円

お勧めランキングを作るとこのような感じになりますが、ハンバーグから上はどれも凄く美味しいです。ハンバーグは金の方が絶対にお勧めです。金のハンバーグを食べた事がなければセブンプレミアムで満足出来ると思うのですが、一度金のハンバーグを知ってしまうと戻れないですね。

そしてセブンプレミアムが何故ここまで美味しく感じるのか?という秘密を以前テレビ東京の番組で紹介していたのですが、全国各地で発売されている種類や味が違うからだそうです。私は関西圏に住んでいるので、肉じゃが1つにしても肉は牛肉でダシがしっかりと効いている。確か日本を七ヶ所ぐらいに区切って味を変更しているそうです。それぞれの土地にはそれぞれの味があり、どうしても味の好みがその土地の味付けになります。味の違いをその土地に合わせた徹底ぶりのセブンプレミアムが美味しいと評判になるのは当然の結果なのかもしれません。
スポンサードリンク